健全な発育のために~小児矯正~

お子さんの歯並びが気になりませんか?

お子さんの歯並びが気になりませんか?

矯正歯科治療は大人になってからでも開始できますが、子供のころから行うとより効果的なメリットがあります。それは骨格が成長する力を自然に利用できることです。もし、お子さんの歯並びが気になるようでしたら、まずは矯正歯科治療の専門医にご相談ください。そして治療が必要かどうか、必要な場合はいつから始めたらよいのかなどを確認しましょう。神奈川県海老名市で唯一の矯正専門歯科医院の「いしわた矯正歯科」にお気軽にご相談ください。

子供の矯正歯科について

歯並びが乱れていると心配なこと

歯並びが乱れていると心配なこと

子供の歯並びが悪い場合、もっとも気になるのは見た目ではないでしょうか? 口元が目立ってしまい、ほかの子に指摘されてコンプレックスになってしまうかもしれません。大切な我が子につらい思いをさせたくありませんよね。

しかし、乱れた歯並びが問題なのは見た目だけではありません。虫歯や歯周病にかかるリスクも考えなくてはなりません。なぜなら、歯並びが乱れていると汚れがたまりやすく、そこにプラーク(歯垢)や歯石がたまってしまうと虫歯リスクを高めてしまうからです。

歯並びが乱れていると心配なこと

また咬み合わせが悪いと咀嚼(そしゃく)がスムーズにいかないこともあります。すると食べ物を十分に細かくすりつぶせないので、大きいかたまりのまま飲み込むことになり、ちゃんと消化できず胃腸に負担をかけてしまいます。成長期にあるお子さんの栄養補給がうまくいかないと体調だけでなく成長にも悪影響を与えかねません。丸飲みは肥満も心配です。ほかにも舌の位置が定まらないと発音が不明瞭になってしまう可能性もあるのです。すると意思疎通がうまくいかず、コミュニケーションを取ることも苦手になってしまうかもしれません。

子供の歯並びを治すメリット
  • 歯並びが整うと自然な自浄作用がはたらきやすくなり、ブラッシングもしやすいので虫歯や歯周病などのリスクが少なくなります
  • しっかり咬めるようになるので胃腸の負担が軽減し健全な発育につながります
  • 明瞭な発音が可能です
  • 見た目のコンプレックスが解消されます

子供の矯正治療を始める時期について

子供の矯正治療を始める時期について

子供の矯正治療の特徴は自然な成長を活用です。歯列が乱れるのは、歯の並ぶスペースが足りないために起こることがほとんどです。そのため成長期に顎の骨の健やかな成長を促したり左右のバランスを整えたりして歯がきれいに並ぶためのスペースを確保するのです。小児矯正は年齢や成長具合によって2期に分けられます。

1期治療 2期治療

永久歯が生えそろうまでに行う治療で顎の健やかな成長を促す治療です。5、6歳~10、11歳ころの間に行います。ほとんどの場合治療期間は1~2年でその間の通院は1~2ヶ月に1回程度です。

この時期の治療により、2期治療が不要になったり、比較的かんたんな治療で歯列が整ったりすることがあります。

永久歯が生えそろう11、12歳~成人の歯列や咬み合わせを整えるための治療です。歯面に装着する矯正装置やワイヤーを使うなどして歯列を整えます。

本格的な矯正治療の場合、2年ほどの期間がかかり、通院は1ヶ月に1回程度です。歯列が整ってからは歯の後戻りを防ぐための保定期間に入ります。

中高生の矯正

中高生の矯正

来院患者層

来院患者層

中学生になると乳歯から永久歯への交換が終了し、奥に12歳臼歯とも言わ れる大きな歯が生えてきます。この頃になると、いよいよ個々の歯を動かして全体的に歯並びを治す本格的な矯正治療(2期治療や成人矯正とも言われます)を行うことが出来るようになります。
矯正治療は早い方が良いといわれていますが、本格的な矯正治療を行える最も早い時期がこの時期となります。 しかしながら中学、高校生になると部活や定期テスト、受験など学校生活にも大きな変化が生じます。そのため、矯正治療を行うことによる本人の負担や部活を続けながら矯正治療が可能なのか、あるいは受験勉強への影響など心配事も増える時期でもあります。

当院では歯並びの状態だけではなく、そうした患者さんの背景を考慮して治療を開始する時期や方法を提案しており、現在数多くの中学生、高校生の患者さんが治療に通っております。お気軽にご相談下さい。

来院患者層

来院患者層

中高生でおこなう矯正のメリット
メリット1 矯正治療後の歯並びをよりきれいに治せる

メリット1 矯正治療後の歯並びをよりきれいに治せる

矯正治療では歯を動かすことにより歯並びを改善します。歯の周りには歯根膜、歯槽骨、歯肉などの歯周組織があり、これらの歯の周りの組織が吸収と新生を繰り返すことにより歯の移動が可能となります。歯周組織が健康であればこれらの働きは無くなることはありませんが、年齢とともに機能が下がっていくことも事実です。
そのため、治療開始年齢が低いほど歯茎が下がったり歯の動きが制限されるリスクが少なくなり、結果としてより良いかみ合わせにすることが出来ます。

メリット2 周りも矯正治療をしている

メリット2 周りも矯正治療をしている

近年、歯並びを治すことの重要性に関しては広く認知されるようになっており、矯正治療に興味を持っている方も増えているようです。実際治療を開始するには、費用や期間などいくつかハードルがありますが、その一つに装置を付ける事が挙げられます。装置には見えやすいもの、見えにくいもの、取り外せるものなどいくつか種類はありますが、多かれ少なかれ装置に抵抗を感じることがあるかと思います。
この点において、中学、高校生では「周りの友達も矯正しているから」という理由で治療を行いやすいという側面もあるようです。

学校生活への影響
部活動について

部活動について

結論から言えば、矯正治療と同時進行することが出来ない部活動はありません。どのような部活においても矯正治療を進めることはできますが、注意が必要な場合もあります。
例えば、マウスピースを必要とする運動部では、歯の移動を妨げないように緩めにフィットするマウスピースを定期的に作り変える必要がありますし、部活中に装置が外れてしまった場合は装置を付け直す必要があります。また、吹奏楽においては矯正器具の位置によっては吹きにくい楽器があるようです。
当院では部活動等のそれぞれの生活環境合わせて個々に対応することにより、部活動と矯正を両立させておりますので安心下さい。

受験勉強

受験勉強

受験勉強を控えている場合、矯正器具による痛みや違和感によって勉強に支障が生じるのではないかと心配される声をよく聞きます。実際、個人差はありますが矯正治療には痛みや違和感が伴うことがあります。しかし、常にあるわけではありませんのでご安心下さい。矯正治療の初期は装置を付けた違和感や歯の動く痛みに不慣れであったり、歯が動いたことによりワイヤーの端が飛び出る、強く噛んで装置が脱落するなどのトラブルも生じやすく、装置が気になる時期と言えます。
しかしながら、治療の中盤、終盤では装置にも慣れ、トラブルも減り、調整次第で痛みもコントロール出来るため、受験勉強への影響は少ない時期となります。
そのため当院では受験直前の治療開始はあまり勧めておりません。咬合状態や受験までの期間から最適な治療開始時期をご提案いたします。また当院では、安心して矯正治療を受けていただけるよう、進学や就職、転勤などで引っ越しをされても治療を継続できるバックアップ体制を整えています。

矯正治療の流れについて

STEP1ご相談・カウンセリング

STEP1:ご相談・カウンセリング

ご予約の時間にご来院後、問診票にご記入いただきます。カウンセリングを行いますので、歯並びのお悩みついて何でも遠慮なくご相談ください。お子さんの歯並びが気になる場合は、保護者の方からお話を伺います。

STEP2検査

STEP2:検査

腔内の写真撮影や、頭部・口腔内のレントゲン写真も撮影します。また歯型をとり、模型を作製して顎を再現し、矯正治療を行うためのさまざまなデータを収集します。

STEP3診断

STEP3:診断

検査結果を元に診断。モニター画面をご覧いただきながらお口の状態や治療方針についてわかりやすく丁寧にご説明します。

STEP4治療・処置

STEP4:治療・処置

治療方針を話し合い、治療についてご理解・ご納得いただきましたら治療開始です。矯正装置を装着するとともに予防処置やブラッシング指導し、歯列や咬み合わせを整えるための治療を行います。

STEP5定期検診・メインテナンス

STEP5:定期検診・メインテナンス

歯が理想の位置に移動したら治療装置を外しますが、これで治療が終わったわけではありません。元の場所に歯が戻るのを防ぐために取り外し可能な保定装置(リテーナー)を装着していただきます。保定期間中は口腔内や歯並びのチェックのために定期的にご来院ください。保定期間を過ぎたあとも、1年に1回のメインテナンスで経過観察を勧めています。

いしわた矯正歯科の治療について

いしわた矯正歯科の治療について

矯正治療は一般的な歯科治療とは異なり、数年単位の治療期間がかかります。月に1回程度とはいえ、通い続けていただかなければなりません。通院の負担が少しでも軽くなるように、当院はわかりやすく、通いやすい立地に開院しています。それはお子さん一人でも通院可能なほどです。また、治療が進むたびに強い痛みを感じるのは、通院意欲を下げてしまうばかり。そうならないためにも、矯正専門歯科医院としての知識と経験をいかして、痛みをできるだけ抑えた治療をご提供しています。とくに、小児歯科矯正は、お子さんだけでは治療は成功しません。親御さんの協力が欠かせないのです。私たちスタッフが親身になってサポートいたしますので、一緒にがんばりましょう。

また、当院では一人ひとりの患者さんに最適な治療を行い、丁寧な処置を施すために時間をかけています。そのために年間の新規の患者さん100名程度が当院の上限としてある程度患者さんの受け入れ人数を抑え、真摯に対応しています。