気になる歯並びを治しませんか?
~成人矯正~

歯並びが気になりませんか?

歯並びが気になりませんか?

「口元を気にせず、思いっきり笑いたい」そんなふうに思いませんか? 気になる歯並びの乱れは矯正治療で整えられます。矯正治療は子供が受けると治療のイメージがあるかもしれませんが、大人になってからでも何歳からでも治療を始められます。

小児矯正は歯や顎の成長を考慮しながら進める治療法ですが、成人矯正は歯を動かすことに集中できるので治療計画が立てやすいというメリットがあります。まずはお気軽に神奈川県海老名市で唯一の矯正専門歯科医院の「いしわた矯正歯科」にご相談ください。

大人の矯正歯科について

歯並びが乱れる原因
顎の大きさ 上下の顎のバランスが悪く、片方が大きいと、上顎前突を起こしたり下顎前突を起こしたりします。また歯の大きさにくらべ、歯が生える顎のスペースが足りないと歯がでこぼこに生える叢生(そうせい)のリスクが高まります。「八重歯」や「乱ぐい歯」は叢生の一種です。
遺伝要因 顔だちが親子で似るように、歯並びも遺伝する可能性が高くなります。骨格も遺伝しやすい要素です。
クセ 子供は成長過程にあり骨もやわらかいので、指しゃぶりや口呼吸、頬杖などのクセがあると歯並びの乱れにつながります。
歯並びの乱れがおよぼす悪影響

歯並びの乱れがおよぼす悪影響

多くの方が気になるのが見た目でしょう。口元がコンプレックスになって笑顔がためらわれ、人前で話すのが苦手になってしまったり、内向的な性格になってしまったりすることもあるようです。このほかにも心配なのが、虫歯や歯周病といったトラブル。歯並びが悪いとお口の自浄作用がはたらきにくくなり、汚れがたまりやすく、ブラッシングでもきれいにできないので虫歯や歯周病のリスクが高まります。さらに咬み合わせによっては一部の歯に咬む力による負担が集中し、歯を失う原因となることがあります。

歯並びの乱れがおよぼす悪影響

また咀嚼(そしゃく)にも影響します。すると食べ物を細かくすりつぶせないので、胃腸などの消化器官に過度の負担をかけ、栄養補給の過多や不足が心配です。また発音がクリアでなくなったり、顎に過度の負担がかかることで顎関節症を引き起こしやすくなったり、顎まわりの筋肉の緊張により頭痛や肩こりのリスクを高めてしまうともいわれています。

矯正治療できるのはどんなこと?
咬み合わせの改善

咬み合わせが改善されると、咬む力を全ての歯で負担するため歯を失うリスクを大きく減らします。また消化器官への過度の負担が軽減し、顎関節症のリスクを抑えられます。

虫歯や歯周病のリスクの軽減

唾液等によるお口の自浄作用がはたらきやすくなり、ブラッシングでも汚れが落としやすいので虫歯や歯周病の発症や悪化のリスクを抑えます。

コンプレックスの解消

歯並びに自信がないと、いつも口元を手で隠したり、笑顔になれなかったりしますが、きれいに整うと人前でのスピーチなども口元を気にせず行えます。

睡眠の質の改善

咬み合わせに不具合があるとお口まわりの筋肉が緊張し頭痛や首こりを引き起こしやすくなり、眠りの質を妨げてしまうことがあります。

食の楽しみの増加

しっかり咬めるとかたい物もやわらかい物もおいしく食べられます。飲食を楽しめるので、生活の質を高く保つことができます。

脳のはたらきの活発化に貢献

咀嚼により脳への血流量が増加します。また会話がはずめば脳への刺激も増えます。さまざまな理由により脳のはたらきの活発化につながります。

発音の改善

歯並びが整い、唇の動きが改善し、舌の動く空間が正常化すると発音がしやすくなり、明瞭になります。

矯正治療の流れについて

STEP1ご相談・カウンセリング

STEP1:ご相談・カウンセリング

まず問診票にご記入ください。カウンセリングを行いますので、患者さんのご要望や歯並びのお悩み、そしてご予算についてのご希望など何でもお話しください。

STEP2検査

STEP2:検査

口腔内写真やレントゲン写真などを撮影し、お口の状態や治療を行うにあたってのさまざまなデータを集めます。

STEP3診断

STEP3:診断

検査結果をもとにわかりやすくお口の状態についてご説明します。そして治療についての方針や治療装置についても詳しくご説明します。

STEP4治療・処置

STEP4:治療・処置

治療方針や矯正装置、ご予算などを含めた患者さんに合わせた治療プランにご納得いただけましたら治療開始です。

STEP5ブラッシング指導

STEP5:ブラッシング指導

矯正装置を装着している間は、ブラッシングを丁寧に行っていただきます。そのためのブラッシング指導を行います。

STEP6治療完了・保定期間・メインテナンス

STEP6:治療完了・保定期間・メインテナンス

矯正期間中は定期的に通院していただき装置の調整を行います。そして歯並びが整ったら治療完了です。治療装置を外し、そのあとはしばらくの間、取り外し可能な保定装置を毎日一定時間装着していただき歯が戻ってしまうのを防ぎます。保定期間終了後は1年に1回の定期検診・メインテナンスで経過観察することをお勧めします。

いしわた矯正歯科の治療について

いしわた矯正歯科の治療について

豊富な実績と経験をいかし、当院では患者さんのご要望に合わせて治療プランを作成します。たしかに矯正治療には長期間を要しますが、ただ治療のスピードをあげることに注力するよりも、一つひとつの処置を丁寧に行い、力のかけ方にも配慮してできるだけ痛みを抑えた治療をご提供しています。

いしわた矯正歯科の治療について

歯の表面に矯正装置を装着してワイヤーを通すごく一般的な矯正システムのほか、マウスピース型の矯正システムや歯の裏側(舌側)に矯正装置を装着して歯を理想の位置に動かす目立ちにくい矯正装置にも対応していますので、お気軽にご相談ください。